国民年金基金の資格喪失とは

これは、基金、連合会から、将来的に、年金としてしかるべき時に、支給されます。
ですから、資格を喪失したとしても、それまで掛けてきたお金で少しは年金がもらえると言うことになります。
(笑顔)。
もし、他の都道府県に転居した場合は、地域型基金の資格を喪失したりします。
この場合は、加入資格のある国民年金基金へ、引き続き加入すると良いですね。
それで前の掛け金が引き継がれると言う特例もあります。
また、国民年金基金としてと、国民年金は深く関係があります。
それで保険金の滞納については厳しくなっています。
ですから、注意が必要です。
国民年金基金に加入した人で、国民年金の保険料を滞納してしまった場合があります。
この場合は、その滞納期間に対し、基金の年金給付も受け取れないようになります。
(笑顔)<国民年金の保険料について>これは、その後、2年間納付できるようになっています。
もし、国民年金本体の保険料が滞納となると、その同じ期間分の基金の方の掛金は返金になります。
基金に加入した人は、国民年金付加年金の保険料は納付不可能となります。
付加年金保険料を納付している人は、基金に加入する時、自治体窓口で付加年金保険料の納付について、辞退届け出します。
その必要ありまです。
また、国民年金の免除期間についてですが、追納を行った場合は、加入後、一定期間、国民年金基金の掛け金の上限として、102000円に引き上げられることになります。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】