日本の若者文化を変えるファッションとは?

1976年、「日本の若者の風俗・文化を変えよう」という理念のもと、旗揚げされた「ビームス」。
時代が移り変わっても、若者の最先端ファッションスタイルを提案し続けるブランドです。
ビームスが人気の理由は、手の届く価格で良質なカジュアルスタイルが手に入るということ。
肩を張らずに、背伸びをせずに、あこがれの最先端ファッションを身に着けることができる。
これは、設立当初から一貫して提案し続けている「新しい世代のルール」だといいます。
今では、ビームスのレーベルは、メンズだけでも6つに展開。
当初の、着心地の良いカジュアルスタイルから、永年着られる本物を、というファーマルウエア、中堅ビジネスマンにふさわしいカジュアルスタイルといった、様々な年代の、様々な生活スタイルに合わせたレーベルが生まれてきています。
時代も変われば、若者の価値観も変わる。
これからも、ビームスはその時代に生きる人々に、最先端のスタイルを提案していくことでしょう。