一般看護師も医療行為を行う為に研修する努力が必要?

特定看護師の事を調べていたら、長年議論されてきましたが、資格化される事はなくなったと知りました。
でも看護師が、特定の医療行為が出来るようにカリキュラムが組まれた研修を受け、認定試験に合格すれば特定した医療行為が出来る看護師として認定されるようにはなるとの事。
でもこれって、特定看護師を資格化する事と何が違うのでしょうか。
国が資格であると認めないだけで、内容は同じなのですよね。
国が認めるのと認めないのでは大きな差があるのはわかりますが。
また一般の看護師も、直接的な指示で医療行為を行うにあたり、研修などを受ける努力をする事が必要とあるそうです。
医師の直接的な指示を待つ事なく、包括的な指示で医療行為が出来る看護師と、直接的でないと動けない看護師は、研修内容や期間など全く違うのでしょうが、実際動くようになった時に、線引きは可能なのでしょうか。
看護師の求人で後悔?リアルな転職事情口コミ中!【成功する秘訣は?】